ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

こんな漫画好き〜

読書が好きです。しかし、今では読書よりもネットの時間の方が断然多いです。元々小説を読むのも、漫画を読むのも好き。先日私の漫画遍歴を整理してみたので1部をご紹介します。

子供の時からアニメ好きでした。「ルパン三世」、「デビルマン」、「ゲゲゲの鬼太郎」、「バビル2世」、「ど根性ガエル」その他を飽きもせず、再放送の内容も知っているのに、繰り返し繰り返し観てました。

小学生の時に「銀河鉄道999」を好きになり、「宇宙戦艦ヤマト」や「キャプテンハーロック」、「エメラルダス」と松本零士先生好きになりました。

そして宮崎駿先生。「未来少年コナン」から入りました。コナンは画期的でしたー。あの足の裏全体を使う運動神経、ヒタヒタ走る感じ、今までにない斬新な感じがあって、大好きでした。随分経ってから、「未来少年コナン」の視聴率はあまりよくなかったと知ったのですが、とても意外に思いました。小学生の時は松本零士先生と宮崎駿先生が私の2大アニメ作家でした。

小学校高学年の時に、「恐怖新聞」を震えながら読んだのを覚えています。

中学生の時に「ガラスの仮面」と出会い、また、週間少年ジャンプと週間少年サンデーを読む様になりました。あだち充先生、新谷かおる先生が特に好きでした。同じ頃、「パタリロ」がアニメ化され、教室で踊ったのを覚えています。

高校に入ると友達の影響でやっと少女漫画「花とゆめ」と出会いました。成田美名子先生や川原泉先生、和田慎二先生、その他、その頃の白泉社系の漫画は随分読んだと思います。田舎に住んでいたので、新刊が出るとわかると本屋に注文し、本が届くのを3週間から1ヶ月待っていました。

上京して大学生になってからも「花とゆめ」は買っていました。さすがに社会人になってからは漫画雑誌から離れ、その頃集めていた物だけを買う様になりました。そうなると他の作家の情報は入らなくなるので段々漫画から遠ざかります。

沢山集めていましたが、手持ちのものは海外へ引っ越しする際にほとんど全て処分しました。今でも残っているのは、「あさきゆめみし」、川原泉先生の文庫本を5冊、「バジル氏の優雅な生活」のみです。

そして現在、ロンドンで漫画友達に会ってしまいました。人生わからないものですね。ここにきて一気に漫画を読む量が増えました。皆さんのご好意によるものです。

お借りした中で特に好きなのは、「花より男子」、「のだめカンタビーレ」、「犬夜叉」、「デスノート」、「プルートゥ」、「バサラ」、「ナニワ金融道」、「寄生獣」、柴門フミ先生の作品や島耕作シリーズと、長編物が好きですね。懐かしいものから最新作まで揃っています。

宮崎駿先生アニメはいまだに大好きです。中でも1番好きなのは「未来少年コナン」と「千と千尋の神隠し」ですね。彼の「ルパン三世」は、ルパンらしくないとも言われている様ですが、私は気に入っています。最新作の「崖の上のポニョ」はまだ観ていません。その内にDVDを買おうと思います。

これからも楽しい出会いがありそうです。嬉しい〜。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-02-28 08:33 | 趣向