ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いっちゃん、今日はどうもありがとう〜

いっちゃんからお誘いを受け、オフ会に参加してきました。初いっちゃん家訪問です。ご招待ありがとう〜。

美味しかった+楽しかった+いくつもの出会いあり〜で大満足の時間を過ごしました。

f0096017_5184078.jpg

普段、いっちゃんのブログで見ている風景が広がってます。参加者の皆さんからのブーケもあって、お花も一杯〜。

f0096017_5241111.jpg
f0096017_5243880.jpg

いくつもの前菜と、フレーバーたっぷりの美味しいカレー(美味しいワインも!)を頂きました。幸せ〜。

パンは手作り。参加者からの差し入れでした。これがまた美味しくて!プロの味でした。

私からは生涯2度目作成のロールケーキを持参しました。私ってば、つくづくチャレンジャーだわ〜。見た目はともかく、美味しい日本の味です。次は巻き方等々、いろいろ練習しなくてはいけませんね。

最後にいっちゃん家のお庭写真をお披露目〜。森みたいよ!
f0096017_548456.jpg




***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-07-31 05:51 | ロンドンでの日々

ナショナルインシュランスナンバーを取得しました。

ロンドンに住んで13年弱になりますが、先日やっと本物のナショナルインシュランスナンバー(NI ナンバー)を取得しました。

これは、ベネフィット(失業保険や年金等)を受け取る際に必要です。 イギリス人なら誰でも16才の時に取得するNI ナンバーですが、外国人の場合は、職についている最中に、自らが予約を入れて面接を受け、ナンバーを発行してもらう手順を踏みます。

以前ロンドンで派遣社員をしていた時に、最初の派遣会社がみんなテンポラリーの番号を使っているわよ、と私にも借りのナンバーをつけてくれました。ある日、Inland Revenue(国税局)から別のナンバーを送付され、税金を払いすぎているからと900ポンド近い返金を受けました。もちろん電話でも、Inland Revenueにそのナンバーを確認しました。それが今から8年くらい前の話です。

ところが、先日入金があり、Inland Revenueと書類をやりとりしていた際、私のNI ナンバーを確認出来ないとの書類が送られてきました。当然、今までの道のりを伝えたのですが、やはり確認出来ないとの事。以前Inland Revenueより送付されたものも仮ナンバーだったのです!

しょうがないので、今更ながらNI ナンバー取得への道を歩みました。

パスポートや結婚証明書、仕事をしていた時の給料明細、運転免許証等、考えられるだけ沢山の書類持参で、電車で1時間近くかかるカムデンタウンに行き、面接を受けました。通常、職に就いてなく、職探しもしていない人はNI ナンバーをもらえないのですが、セルフエンプロイー(自営)のアーティストですと言って、面接を受け付けてもらいました。

そして昨日、NI ナンバーを伝える書類が送られてきました。パチパチ。

長い道のりだったわ・・・。

でも、ここで本物のナンバーを取得出来て良かったです。私がもらえる年金の額なんて最低ライン、1週間に50ポンドくらいだと思うのですが、この国で生活してゆくには必要なナンバーです。

イギリスに永住されるか、数10年単位で生活される方でナンバーを持っていない場合は、取得される事をお勧めします。以前、面接を予約する為の電話もなかなか繋がらないし、予約も数ヶ月先の話になると聞いた事がありますが、今回全てスムーズにいきました。是非トライして下さいね。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-07-25 17:27 | イギリス

トラファルガースクウェアに行ってみました。

ロンドンのナショナルギャラリー前にあるトラファルガースクウェアで、、Antony Gormleyと言う、イギリス人アーティストによる展示がされてます。

このトラファルガースクウェアには台座があるのですが、そこの上で1人ずつ、一般公募された人が1時間交代で台の上に立ちます。その上では何をやっても自由で、楽器を演奏する人もいれば、演説をする人、ただ立っている人等、各々に1時間を過ごします。

私も先日、覗いてきました。

それがこの人です。
f0096017_18161689.jpg

f0096017_18165250.jpg


ピンクの紙飛行機を飛ばしてました。

ずっとしゃがみ込んでおり、携帯電話でテキストメールをしたり、写真を撮ったりしてました。面白味に欠けていたので、すぐ立ち去りました。

ここでライブの動画を見る事が出来ます。

下から見上げるだけでは、こんなにはっきり見えません。上記の写真も、3.6倍ズーム目一杯上げてこの程度です。

上から見下ろす人がいて、下から見上げる人のいる風景は、少し不思議です。

でも、正直言って、上にいる人にもうちょっと頑張ってもらいたいかな。このままではつまらないいよー。見せ物ではないと言われそうですが。


***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-07-21 18:28 | アート

自然派嗜好へ〜

1年前から食生活を改めました。なるべく食品添加物を取らない様に、自然食志向で頑張っています。その前も、ある程度気をつけた生活をしていたので、より一層と言う事ですね。

だし入り味噌やつゆの素等、手軽に化学調味料を取らなくなったお陰で、外食時に舌に違和感を感じる様になりました。ファミレスのご飯は言うまでもありませんが、銀座のお寿司屋さんのお味噌汁にも添加物は入っているのですね。

今まで日本のご飯は美味しいと思っていたのですが、その信念はかなり揺らいでしまいました。

先日、阿部司著「食品の裏側」を読みました。

とても健康に気を使っているはずの日本人の食生活、かなりヤバい事になってますね。

食生活を改めてから、ロンドンの日本食料品店で買う食品の量が随分減りました。自然食嗜好に照らし合わせると、買える物などあまりありません。納豆の小パックについてくるたれも捨て、お醤油を使います。

これも日本を離れて、海外生活をしているから気づく事なのかもしれません。日本にいたら、便利さの名を借り、そのまま化合物への道を歩んでいた事でしょう。100%ゼロにするまではいきませんが、出来うる範囲で排除したいと思います。

タラコも明太子も諦めないといけないと思うと辛いですね。自家製の道へ進むべきか・・・。


***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-07-20 05:25 |

ロンドンでとても大きな蜂に遭遇しました・・・

ロンドンには蚊があまりいない代わりに、蜂が沢山います。

ミツバチ系はあまり恐れる必要はないのですが、恐いのがスズメバチ。私の義父も刺されてショックによる呼吸困難を起こし、夜中に病院に行った事があります。過去に刺された時はそうでもなかった様ですが、2度目は危険だそうです。

見分け方は姿です。ミツバチは丸い形をしており、スズメバチは細長い形をしています。

スズメバチは肉食なので、外でピクニックをするとどこからともなくニオイを嗅ぎ付けご飯の周りを飛び交います。サラダに入れていたシーチキンの塊を、ふらふらになりながら持ち去ってゆく光景を目にした事もあります。甘い物も好きなので、ジュースやアルコールにも寄ってくるし、ゴミ収集所も大好きです。

前は恐さが先に立ってよく騒ぎましたが、騒ぐと刺激するので、最近はなるべく反応しない様にしています。蜂を惹き付けるニオイのある食べ物は家の中で食べ、外ではシンプルな物を食す様にしました。

そして今回見たのが、ものすごく大きな蜂!

f0096017_13123917.jpg


直径3センチくらいはありました。

庭で晩ご飯を食べた後のんびりしていたのですが、これを目にした瞬間、楽しい時間は過去の物となり、片付けに入りました。

ロンドンの夏、油断がなりません。恐いわー。


***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-07-07 13:55 | ロンドンでの日々

ロンドンで小さくオフ会してました〜

昨日はロンドンで小さくオフ会をしてました。いっちゃんのぞみさんです。

美人さん2人に会えて幸せ〜。お二方ともお久し振りでした。

ランチの時間からビールを飲み、パブへはしご!イギリス人してましたね〜。

また今度、近いうちに会いましょう!

写真はいっちゃんのブログが正解です。私の写真は姉妹店で撮ったものを載せましたが、お料理はほぼ一致している様な気がします。
f0096017_23571444.jpg



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-07-05 00:17 | ロンドンでの日々

ロンドンで2つの卒展に行ってきました〜

この季節のロンドンは卒展が目白押しです。Sladeが5月にBA(学士)の卒展をし、6月には、ほとんどの美大のBAと、RA、RCAが卒展をします。1年制のMA(修士)の卒展は、7月か9月に行われる所が多いです。

2日に、2つの卒展に行ってきました。全然関係ないけれど、2日は私の父の誕生日でもあります。(お父さんお誕生日おめでとう〜)

まず、行った先は、Byam Shaw@ Central Saint Martins。私の卒展をお手伝いしてくれたさくらちゃんが、今度は自分の卒展で素敵なショーをしてました。とても良い部屋をもらえて、本人も大満足だった様。おめでとう!

次に行った先は、RCA。アート界で最高峰の学校です。なおこちゃんがテキスタイルのショーをしてました。布の世界です。私もファンデーションの時に、第二の専門でテキスタイルを少しやったので、レベルは全然違うけれど、見ていて楽しいです。まだ展示が続いているのに、昨日卒業式だったそうです。卒業おめでとう!

いつもは卒展大好きっ子の私なのに、今年はなんだかその気が起きず、沢山見逃してしまいました。今回訪れたのが、今年初の卒展見学です。

来週はGoldsmithのMA卒展、その次はCamberwellのMA卒展があるし、前半見逃したけど、後半戦を見に行こうかな。

卒展に行くと、新鮮な気分に浸れます。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-07-04 21:19 | アート