ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ロンドンの夏はPROMSです!

今晩も、PROMS(プロムス)に行ってきました。コンサートホールまで徒歩圏内なので、毎年頻繁に通います。

ロイヤルアルバートホールで行われる、夏恒例のクラシック中心コンサートです。 7月20日頃から9月10日頃まで、毎日、日によっては複数回行われます。全部で70コンサート以上、基本はクラシックですが、時々フラメンコをしたり、ブルーズが来たり、異色のものも楽しめます。

今晩観てきたのは、こちらでした。

Stravinsky Agon (24 mins)
Tchaikovsky Concerto Fantasia in G major, Op.56 (29 mins)
Tchaikovsky Variations on a Rococo Theme (18 mins)
Tchaikovsky Francesca da Rimini (24 mins)

チャイコフスキーの"Concerto Fantasia in G major, Op.56"が、とても素敵でした〜。ピアニストの指の動き!すごかったです。

子供の時に3年間くらいピアノを習っていました。88鍵よりもちょっぴり鍵盤の少ない電子オルガンで弾いていましたが、あまり練習好きではありませんでした。バイエルから始め、バッハのメヌエット、「エリーゼのために」で終わりました。

ロンドンに移ってから、何度もクラシック音楽を聴きに行き、PROMSにもシーズンチケットを買って通い詰めたせいでしょうか?再び楽器を演奏したくなりました。のだめの影響もかなり大きかったりして〜。

最初バイオリンを考え、初心者用の本も買ってみたのですが、そう言えば顎関節症だったと思い出し、ピアノに落ち着きました。

去年1月に電子ピアノ購入に向けリサーチ開始、2月に楽器が届き、2月末から1週間に1度30分のレッスンに通い始め、現在進行形です。

一定のリズムを保つのは難しいし、指も転ぶし、肩に思い切り力も入っていて、脱力なんてまだまだ先の話ですが、とても楽しんでいます。

今、「人形の夢と目覚め」を弾いている所です。これから先、どこまでいけるかな?

いわゆる大人のリベンジピアノですが、忘れてしまった事も多いけれど、それでも子供の時に弾いていた経験が随分役立っていると思います。両親と先生に感謝ですね。


***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-08-29 07:46 | 趣向

ロンドンでお好み焼き〜

ロンドンでお好み焼きを頂きました。美味しかった〜。

f0096017_5284350.jpg


美しいお好み焼きのテーブルセッティングを堪能した後、エビ入りのお好み焼きと、イカネギ焼き、もやしそばを頂きました〜。幸せです。

私の夫も、延べ3年、正味1年半日本に滞在したので、結構日本食は食べる方ですが、おでんや、煮物等、庶民派の食べ物は選びがち。こういったものは、日本人同士で食べた方が、気兼ねなく美味しく頂けます。

夫は日本食のclear(すっきりした)な味が好きと言います。確かに、お吸い物や、酢の物、お刺身等あるけれど、日本人が毎日そればかりを食す訳じゃないですよね。

************

翌週には、お友達の誕生日ランチ会を我が家で開きました。

なんと、クリスマス用のナプキンしか探せず・・・。ご愛嬌でしょうか・・・。

持ち寄りランチだったので、私は4種類のメニューとロールケーキを作りました。

f0096017_555199.jpg


手作りちらし寿司にも初挑戦!トッピングの錦糸卵作りはお誕生ガールにお願いしました。洋食を作る方が得意なのです。

お昼過ぎから始まった会、8時過ぎまで続きました。

「美味しい」、「楽しい」は、いつもテーマです。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-08-28 06:07 |

日本人たるもの、トイレに反応してしまいます!

今日1番の話題!トイレ!!

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060809_swiss_toilet/

まずはこれ ↑ をご覧あれ。

2年間、トイレの写真を撮り続けた私〜。このトイレ、断然気になります。まだ未開の地のスイス、行ってみたいわ〜〜〜。

それにしても、今日のトテナムコートロードのスタバのトイレは最悪ー。やっぱりトイレは清潔感第一ですよね!



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-08-25 06:08 | アート

ホームページに新しいコンテンツを追加しました。

ホームページ新しいコンテンツを追加しました。

学生時代、4年間分の主だった作品です。今見ると懐かしいわ〜。あの頃は、なんだかんだ言って、いろんな事をやっていたみたい。

最後の1年間、大学3年生の時は、大掛かりな1年間プロジェクトにかかりきりで、それだけ日数を費やす作品ではあったのですが、少し残念だったかも。今はプロジェクトスペースを持っていませんし。

前回のブログでお知らせした通り、現在、グループ展を計画中です。昨日、仲間内でミーティングをしました。そこで、他の子達の作品を見る事が出来、とても刺激を受けました。

私も何か新しいものを作りたくなってきました。その手始めが、古いものの掘り起こしでホームページの手直しです。←ちょっと違う??

ホームページはアーティストの顔ですから、時々のお手入れは必要ですよね。

学校を卒業して、少しのんびりムードに入ってました。卒業してから、モチベーションをどう維持するか。大きな課題です。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-08-11 06:57 | アート

Q:これなーんだ??

f0096017_6244485.jpg





A:フレンチトースト&リンゴをメープルシロップ&シナモンで味付けしたもの・・・by アメリカンスタイルダイナー@ Old Street in London。




うーん。一目見るなり、選択を誤ったと悟りました。




見た目同様、単調な甘い味が続くばかり。残念な1品でした。

食に関して探究心の強い日本人の私。大概は美味しいものにありつけるのですが、メニューを吟味するあまり、たまに間違いを犯します。

昨夜自分で作った、膨らまない「ニンジン、ライム、ヨーグルト入りの油なしシフォンケーキ」の方が好みでした。
f0096017_6382420.jpg

日本人好みのスイーツは自作に限るのか・・・。ヨーグルト入りなのでチーズケーキにも似た味わい。私以上に甘党の夫にも好評でした。

*閑話休題*

ロンドンのアート友達と、グループ展の計画を立ててます。10月初頭の予定です。具体化したら、別途報告しますね。


***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-08-10 07:01 |

サーペンタイン、今年のパビリオン

ケンジントンガーデンにある、サーペンタインギャラリーに、今年もパビリオンが現れました。今年の設計者は、日本人建築家の二人です。
f0096017_17341872.jpg
f0096017_17351682.jpg
f0096017_17393595.jpg
f0096017_17433995.jpg


天井部分が、鏡の効果を持ち、印象的な設計になってます。椅子もポップで可愛く、日本人らしさを感じます。ただ、この椅子のサイズは日本人用なのでしょう。私が座ってちょうど良いくらいなので、こっちの大きな人達には2個必要かもしれません・・・。

建築家にとって、夏限定のパビリオンは、とてもチャレンジしがいのある仕事だと思います。サーペンタインのパビリオンは、2000年からスタートし、毎年1つ、夏の風物詩として定着しています。こちらで、軌跡を追えます。

私が1番好きだったのは、やはり最初の設計ですね。パビリオンの言葉通り、軽い仕上がりになっていました。建築に時間がかかり、夏が終わった頃にオープンしたパビリオンもありました。夫は去年のが大好きだった様です。

今年の作品は、設計者が表現したい事はわかるけれど、公園内という空間との融合化において、今一歩の感を受けます。屋根には、青空と木が反射され美しいのですが、上を見下ろすのは難しいです。

次のパビリオンはどんな感じかな〜。心はやります。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-08-01 18:11 | アート