ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ブラウン首相やってくれました!

今日の新聞の1面は、ブラウン首相の失言一色で埋まりました。普段はレフトウィングである、タブロイドの「デイリーミラー」でさえも、彼を批判しています。

5月6日に迫った選挙戦で、敗退色の強まった社会党。普通の有権者と対話している姿勢を見せようと、マイクロフォン付きで、地方都市に出かけました。65歳の未亡人に、移民問題等質問され、お気に召さなかった様です。

車に戻った首相は、側近達に、その未亡人を「bigot(辞書には頑迷とありました)」呼ばわりし、側近達に、「誰のアイデアで彼女に会わせた?」と不満をぶちまけ、非難したのです。

その後、ラジオ番組で、その車内でのやりとりを録音したテープを聞かされた首相!おまけに、ラジオ番組なのに、大スクープだからとTVカメラが入っており、彼のその時の表情が録画されてしまいました。その時に初めて、マイクロフォンの止め忘れに気づいたそうです。

新聞の1面は、マイクを前に頭を抱えている彼の写真が載っています。

彼の言動には表裏があり、信用出来ないと、証明されてしまいました。




***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-04-29 18:21 | ロンドンでの日々

薄切り肉と冷凍トマトソース、大活躍〜

昨日の晩ご飯は「薄切り牛肉のトマトシチュー」でした。冷凍してあったトマトソースを活用し、20分でできる美味しいご飯です。

材料は、薄切り肉、トマトソース、ネギ、しめじ、ニンニク、乾燥ハーブ数種、隠し味に醤油です。ニンニクをスライスし、ネギと一緒に炒め、牛肉としめじも加えほどよく火を通します。途中トマトソースとハーブを加え、最後に醤油をたらすだけ。大成功でした。

トマトソースを作る時に、多めに作って冷凍しておくと便利ですね。ひき肉を混ぜればミートソースになるし、先日作ったラザニアも美味しかったです。朝、トマトソースと肉を冷凍庫から冷蔵庫へ移し、夕食作りに備えました。

肉=塊肉のイギリスで、薄切り肉は、手に入りにくいものの1つです。日系・韓国系スーパーから購入するくらいしか手がなく、もちろん、値段も高いので躊躇します。

私は、ジョンルイスで、ミートスライサーを購入しました。99ポンドもしましたが、十分使いましたし、これからも活躍してくれる事でしょう。

スーパーで特売のローストビーフ用肉(1.8キロで11ポンドくらい)を買い、1度凍らせ、1時間くらい解凍した後、スライスします。1枚1枚スライスするので手間も時間もかかりますが、時間のある時に一気にやります。

すぐに食べる肉以外は、冷凍保存します。しゃぶしゃぶや野菜の肉巻き、簡単シチュー等、値段を気にせずに、気軽に使えます。先日も友人としゃぶしゃぶランチをし、自家製ゴマだれと共に、楽しみました。

ただこの機械、大きくて場所を取る為、キッチンスペースの限られている方には向きません。アーゴスで売られている、折りたたみ式のスライサーでも十分だと数人から聞きました。普通の人は小さな塊肉をスライスするでしょうから。

美味しいものに囲まれて生活を楽しんでいます。今晩は何を食べましょう〜。




***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-04-21 18:45 |

結婚記念日でした〜

昨日は、13回目の結婚記念日でした。14年も一緒にいたのですね。

昨日は、近所のカフェでランチをしたり、夫が花を買ってきてくれ、夜は居酒屋さんで乾杯をし、いつまでも仲良しです。

たまたま東京で出会った私達ですが。縁があったのでしょうね。

これからも、一緒に楽しんでいきたいと思います。




***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-04-16 02:35 | ロンドンでの日々

引っ越しとコンピュータ

やっとこちらの世界に戻って来れました。

13年半ぶりの引っ越しは、思った以上にきつかったです。

仮住まい先に送るもの、家に戻るまでしまっておくもの、捨てるものを仕分ける作業は、半端ではありませんでした。教訓もたくさん得ました。1カ所に長く住むのも善し悪しですね。

また、コンピュータ問題が、引っ越しにこれほどまでに関わってくるとは思いませんでした。

特にマック!マックOSの最新版10.6に合う、モバイルブロードバンドを探すのが厄介でした。ハイストリートにある携帯電話ショップで売られているUSB接続用dongleは合いません。結論です。

2時間以上もテクニカルサポートと電話をしましたが、彼らの言う様に、OSの付属アプリ「ロゼッタ」をインストールしても解決はしませんでした。契約を解除しても、請求書は送られてくるし、再びプロバイダーと銀行の両方に電話をかけたりと不毛な時間を費やしました。

リサーチの結果、「3」のMobile Wi-Fiしか合わない事がわかり、昨晩、自宅のコンピュータがネットに繋がった時は、脱力しました。本体50ポンド、30日契約で5GB15ポンドと、容量制限があるし、安くはないのですが、家にネット環境があるのとないのとでは大違いです。オーダーの際、AirMacをつけておいて良かったと思いました。

そんなやりとりをしている間に、肝心のコンピュータが壊れました。保証期間の3年を数ヶ月上回っただけのコンピュータ。修理は実費です。HDとグラフィックカードの交換で、493ポンド。痛い出費ですが、ファンがブンブン唸っていた以前のコンピュータとは大違い。とても静かです。あと、2〜3年くらいはもってくれるかもしれません。

HDを入れ替えて生まれ変わったコンピュータは、かなり寂しく、自分のものではないかのようです。デスクトップはまっさら、メールもスケジュール表もネットのお気に入りも、全てのデータが失われました。

しかし、立ち上がりは素早く、スイッチを入れるだけで画面が立ち上がってくれます。当たり前の事ですが、以前は、グラフィックカードがいかれていたので、スイッチを入れても画面は暗いまま。画面が明るくなるまで何度も再起動を繰り返さないといけなかったのです。

HDを入れ替えたという事は、今まで入っていたソフトウェアも、再インストールしなくてはなりません。幸い、ソフト関係はほとんど全て引っ越し先に持ってきていました。しかし、ファイナルカットプロのシリアルナンバーをなくした事に気づきました。もしかしたら、片付けの際に捨ててしまったのかも。1つ、ヴァージョンの古い方なら箱につけてあるのですが、新しい方がなく、今の気がかりはそれです。どこかに箱詰めされているか、捨ててしまったか。困りました。レシートはメールで取ってあったけれど、肝心のデータは消えてしまったし、今はなす術がありません・・・。

コンピュータは大切なお友達ですが、何か起きると問題が大きくて厄介ですね。




***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-04-13 21:49 | 趣向