ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そして義姉がチェルシーフラワーショーで金賞を受賞しました!

今もたくさんの人が訪れている「チェルシーフラワーショー」に、今年は義姉Jane Owenがガーデンデザイナーとして初参加しています。

そして、金賞を受賞しました!

おめでとうございます!!

仮住まい中で、ネットの容量制限があり、写真を載せられないのですが、こちらから庭を見学できます。

Courtyard Gardens16番です。是非お立ち寄り下さい。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-05-26 20:22 | ロンドンでの日々

義姉がチェルシーフラワーショーに出展しています!

今年もチェルシーフラワーショーの季節がやってきました。夏のシーズン幕開けです!

一般公開は明日25日からですが、特別に今日入れてもらいました。今日はプレスと特別ゲストの日。女王もいらっしゃいます。ジェイミー・オリバー夫妻、TVで見かけるシェフ等セレブをみかけました。

一般公開の日は歩くのもままならない程混雑します。今日は特別な日なのでゆっくり見る事ができ、ラッキーでした。随分前からチケットも売り切れ状態。イギリス人のガーデン熱はかなりのものです。

30度まで気温の上がった夏の様な日、グリーンが眩しかったです。

義姉、Jane Owenがガーデンデザイナーとして出展しました。7ヶ月前にプロジェクトを立ち上げ、資金集めから実現へと、一気の駆け抜けた様。たった7ヶ月であのチェルシーに出展とは、最短コースを歩んだ人なのではないでしょうか?昨日もTVで紹介され、女王が立ち寄る数少ないガーデンの1つにも選ばれました。Courtyard Gardens16番です。是非お立ち寄り下さい。

本当は写真も沢山ご紹介したい所なのですが、仮住まい中なので、ネットの容量制限があります。早くお家に戻りたいけれど今は無理なので、せめての慰めに庭から花を摘んできました。ジャスミンが素敵な香りを放っています。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-05-25 05:22 | ロンドンでの日々

ロンドンで美白化粧品が買える様になりました。

暖かかった4月とは打って変わった5月ですが、昨日は晴れてくれました。カフェの庭でしたお茶も、寒さを感じさせず、気持ち良かったです。

暖かくなると、紫外線が気になりますよね。イギリスは、気温の割に日差しが強いので、毎日の日焼け止めは欠かせません。しかし、気をつけてはいても、増えてゆくシミ・・・。最近、盛んに宣伝されてる、クリニークの"dark spot corrector"を購入しました。

西洋人は、皮膚がん率が高いにもかかわらず小麦色の肌に憧れ、公園やホリデー先・マシーンで焼いたり、スプレーのフェイクタン(フェイクの日焼け。オレンジっぽい肌になります)までする人がいます。もちろん、白人の肌は日焼けに向かないので、肩や腕・胸元はシミだらけになり、乾燥でシワが目立つ様になるのですが、気にしません。そんな背景のあるイギリスで、シミ取り化粧品が売られるのは、とても珍しい事です。

売り子のお姉さんに勧められるままに、相乗効果のあると言う、SPF20の入ったモイスチュアライザーもお買い上げ〜。〆て70ポンド。1ヶ月でシミのトーンが2〜3段階上がるという事なのですが・・・。

シミをチェックする為に、1ヶ月後、クリニークのカウンターに行く予約も入れました。今月は美白に力を入れてみたいと思います。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-05-16 15:44 | ロンドンでの日々

ロンドンで「Musashi」を観ました〜

昨夜、バービカンにて、蜷川幸雄さんによる「Musashi」を観てきました。

夫に、正しい日本のチャンバラ劇(?)を見せてあげようと思いチケットを取ったのですが、一緒にとても楽しい時間を過ごせ、幸せでした。

藤原竜也さんの目、キラキラしてましたね〜。足の先まで神経が通っている様な熱演でした。"生"勝地涼君も可愛かったですね〜〜。二人とも華奢な体で(←大柄な外人を見慣れている私からすると)、エネルギッシュに動いていました。

個人的には、六平直政さんを生で見る事ができ、嬉しかったです。

舞台に向かって少し右寄りの前5列目は、役者達の表情から足背の筋までくっきりと見え、最高でした。初日・千秋楽等にこだわらず、出来るだけ舞台に近づいた日を選びました。オンライン予約は、人の手を煩わせる事なく確実に座席指定できるので便利ですね。


<注!以下、ネタバレあります>


7時15分開始10時半過ぎに終了。長いお芝居でした。役者さん達、お疲れ様でした。。5人6脚なんて初めて見ましたよ。ウォーキング練習の途中がタンゴの動きに変わって行く様は、本当にお見事でした。これも蜷川マジックなのでしょうか。最後も圧巻でしたね。

東京に住んでいた頃は、シアター系に縁のなかった私ですが、こうして時々日本の舞台を観ています。ヒット作は、野村萬斎さんの「まちがいの狂言」(傑作だったのに人の出がまばらでとても残念でした!)、深津絵里さん主演の「Shunkin」、蜷川幸雄氏と歌舞伎の融合「十二夜」、そして昨夜の「Musashi」です。

次は6月の歌舞伎に行きます。これも楽しみです。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2010-05-08 17:46 | ロンドンでの日々