ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

英国王立音楽大学生によるチャリティコンサートのお知らせ

f0096017_5304285.jpg


Royal College of Music(RCM、英国王立音楽大学)学生によるチャリティコンサートが、行われます。ご縁があり、お手伝いする事になりました。

日時:6月28日木曜日、夜7時半から

場所:The Holy Innocents Church, Paddenswick Road, Hammersmith, London W6 OUB
マップ

最寄り駅:Ravenscourt Park (District Line、Hammersmith駅の1つ先)

チケット:£10 / 8(コンセッション)

インターバル中、演奏後には、ドリンク等をご用意致します。ドリンク代は、寄付金ボックスに硬貨を入れて頂く様になります。

沢山のご参加をお待ちしております。お誘い合わせの上、お越し下さいませ〜060.gif




***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2012-06-18 06:25 | ロンドンでの日々

小さなお友達が増えました。

「ペットは飼わないのですか?」とよく聞かれます。

いつも、「いいえ」で答えていましたが、最近、新しいお友達が増えました。この子達です。

f0096017_18414328.jpg

f0096017_1843246.jpg

近づくと逃げちゃうので、望遠撮影。餌を上げて少し経つと顔を出します。3匹の金魚ちゃん達です。全部色と形を違えて購入しました。

家を改造した際に、夫が池が欲しいと言い、私は虫が出るから嫌と言い、結局夫に譲りました。夫の家ですから。

小さなお庭の中の、小さな池に住む、小さな金魚ちゃん達をお披露目してみました。

池の大きさに合わせて、大きくなったり、小さくなったりするそうです。言われてみると、サイズが少し大きくなった様な気がします。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2012-06-16 19:08 | ロンドンでの日々

イングランド戦真っ最中です!

フットボール(サッカー)のイギリス対スェーデン戦が行われています。

夫と私は、別々の部屋で観戦中(爆)

なぜならば031.gif

夫がフットボールのイングランド戦を見る時は、真剣なんですよー!冗談抜きで、ものすごく真剣。ブツブツ独り言を言い、うろうろ部屋を歩き回り、私が部屋に入ろうものなら、殺気ある視線を送ってよこし、「Go! Away!!!!!」と。

大概の独り言は、「見ていられない。イングランド、守り過ぎ。もっと攻めろ!」です022.gifうんうん。

TVのスポーツ観戦に、ここまで真剣勝負で熱中する人はいるのでしょうか?試合の間中、ずっとですよ。

夫の家族に、フットボールファンはいません。まるで興味も示しません。義祖父は自分が統治していたインドの1部でポロなぞもしていた模様。義父はクリケットとラグビーが好き。ラグビー発祥の地とも言われるラグビー校でプレイもしていたそう。夫は、クリケット、ラグビー、フットボールが好き。そして、見ている限り、フットボールに関しては、私が信じられないくらいに全力を尽くして挑みます。学生時代いろいろ試し、クリケットのキーパーをして鼻の骨を折っても、キーパーが適職と判断し、最後にフットボールに懸けた様ですから。

そう言えば、家族にテニス好きは一人もいませんね。もう少しでウィンブルドンも始まりますが、その間はリラックス〜。と、思いつつ、このフットボールはいつ終わる??

今、1対1になりましたね。おおお。夫と一緒の部屋にいなくて良かった。この先、どうなる事でしょう008.gif

と、言っている間に、やばい。もう1点、入れられてしまいました。夫と同じ部屋にいなくて良かった・・・。そして1点入れ返したーーー!ホッ。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2012-06-16 05:13 | ロンドンでの日々

イギリス、ゴミの処理法

日本では、ゴミの分別が厳しくなってから、随分経ちましたよね。里帰りの度に、こんがらがっておりました。

ここイギリスでは、いまだに微妙な状態が続いています。

とりあえず、我が家のあるカウンシル(地域の役所)では、ゴミ出しの日は週に2度です。イギリスでは、ものすごくラッキーな方。

オックスフォードでも、2週間に1度の割です。絶対に無理!対処法として、庭にコンポース(生ゴミを溜めて肥料に替える、エコなゴミ箱?)を置く事を推奨された様ですが、ネズミを増やすはめになったとか。絶対に嫌!

週に2度のゴミ出しの日、分別は、リサイクルと、庭に関連するゴミ、その他に分かれます。たったのそれだけ。

リサイクルは、カウンシルからもらうオレンジ色の透明なゴミ袋に入れます。庭に関するゴミ(落ち葉等)は、グリーンのゴミ袋に、その他のゴミは、黒いゴミ袋に入れます。数年前までは、全部一緒に黒いゴミ袋か、スーパーからの買い物袋で出してました。

よそから比べれば頻繁にあるゴミの日の回数。ラッキーとも言えますが、それでも、ゴミの日まで家の中でキープしておくので、物に寄っては臭います。しょうがないので、冷蔵庫か、冷凍庫に入れておくはめに。冷蔵庫下の左の引き出しは、万年ゴミ箱と化しました。これが、我が家1番の方法です。

クィーン万歳行事のお陰で、ゴミの日が1日減りました。もう、引き出しはパンパン。次の日が待ち遠しいです。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2012-06-07 07:07 | イギリス

The Queen's Diamond Jubilee イベントが終わりました。

4日間に渡る、クィーンのDiamond Jubileeイベントが終わりました。イギリス、盛り上がっていましたね。

私達も幾つかのイベントを楽しみました。

街には、イギリス国旗が溢れ、
f0096017_15525599.jpg

リッツホテルにも垂れ幕がかかり、
f0096017_15551382.jpg

読みにくいですが、"Congratulations Your Majesty"と書いてあります。

そして、我が家の前にもbuntingを。
f0096017_1642370.jpg

バンティングとは何ぞや?と思いましたが、お祝い用の細長い旗の事を言うのですね。

近所のストリートパーティにも参加してみました。
普通は料理や飲み物を持ち寄るのですが、近所のは少し変わっていて、会費に10ポンドを払い、参加しました。持ち寄りの代わりに、ケータリングが現れました。

まずはシャンパンで乾杯!

ご飯はバーベキュー。ハンバーガー、ホットドッグ、ホッグロースト(ポーク)を選びます。

豚の丸焼きです!
f0096017_16141466.jpg

横から覗いた所、
f0096017_16124412.jpg

そして焼き上がりました!
f0096017_16194117.jpg


6時から始まったパーティも段々と人が増え、賑やかになりました。
f0096017_16152564.jpg


人が集まっていたので覗けませんでしたが、ミニファッションショーも行われていた様です。

翌日は、夫の誕生日でした。
クリームティもこんな感じ。
f0096017_16542553.jpg

旗が立っていて、可愛い〜。

夜はシャンパンとブリーニを頂きました。

その翌日は日曜日。テムズ川をクィーンがボートでパレードを。沢山沢山のボートを見ました。雨が降って寒い日でした。ラッキーな事に、私達はシャンパンを飲みながら、川沿いのビルから外を見学。

こんな天気の日でした。
f0096017_1772239.jpg

沢山のボートが向こうの方から現れ、感動しました。
f0096017_1793536.jpg

真ん中の白い服を着ている人がクィーンです。
f0096017_17103257.jpg

本当にクィーン?と思うくらい遠いですね(笑)
寒い中、ずっと手を振り続けていたのでしょう。

夜は義姉を招き、シャンパンとシーフードのご飯を食べました。3日続けてのシャンパンです。楽しい〜(爆)

その翌日のコンサートと、さらに翌日のパレード+バルコニーでの模様は、TVのダイジェスト版をBBCのiPlayerで見ました。パレードを待つ沿道の人達は、パーティをしながら道ばたで夜を明かしたそうです。

数日間に渡るお祭りを私達も楽しみました。イギリス人と王室の関係は、また日本のそれと違って、面白いですね。

クィーンはお元気そうなので、数年後またお祝いがある事でしょう。今から楽しみです。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2012-06-06 17:27 | ロンドンでの日々

ロンドンでシンベリンを観ました。

夫と「シンベリン」を観て来ました。とても楽しかったです。

かぶりつきの前から2列目中央の席は、役者さんの汗から涙、ツバまで全開でした。本当は、字幕を必要とするイギリス人夫の為に中の方の席を選びたかったですが、すでに埋まっていたので、舞台に近い方を選択~053.gif

最高でした049.gif

大竹しのぶさん、舞台の上で何度泣いたのですか??最後には流れ落ちる涙。カーテンコールの時も、誰よりも早く真剣に舞台前に駆けて来ました。幕間に夫に彼女の年をごにょごにょ。とてもそんな風には見えないと。少年役だって全然普通に演じてましたし、「男女7人」の頃も知っています。不思議。天性+それだけ努力をされているのでしょう。

そして阿部ちゃん!と、ちゃん付けで呼びたいけれど、許してもらえるかしら??私より少し年上なので、学生時代、モデルだった彼を雑誌で見ていました。勝手に親しんでいましたが、しばらく静かな時期があり(寂しかったです)、その後「トリック」で復活!!!「トリック」大好きです。

この「シンベリン」の開始前は楽屋風景になっており、席に着いた時から、舞台上にいる俳優さんと知っている顔を記憶の中から手繰り寄せました。私の第一声は「阿部ちゃんどこー?」って(笑)しばらくして、明るいガウンを着た背の高い人が現れ、おーおーおーって(爆)!!残念ながら観客には背を見せている状態の時が多かったのですが、舞台前に気持ちを高めていたのでしょうか。熱演でした。

次の注目は窪塚君でした。なぜ君呼び??とも思うのですが、純粋に年下だから?多分知ったのが、「漂流教室」と言うTVドラマでした。その、存在感と声に惹かれました。転落事故後、リハビリを経て、レゲエの人になってしまい(?)役者から遠ざかっていたかの様でしたが、戻って来てくれたのですね。ロンドンで生の窪塚君を間近で見れるなんてー!こちらも嬉しかったです。

鳳蘭さん、迫力満点でした!やはり、宝塚の人はすごいです。大きな目にも存在感がたっぷり、素敵でした。

馬鹿王子役の勝村政信は、全てにおいて楽しかったです。首を引っ張られて転んでしまう場面等、とても上手でした。役者さんなら当たり前なのかもしれませんが、動きに不自然さがなく、声も朗々としていましたね。

他にも、大石継太さん、吉田鋼太郎さん、その他の方達、皆さん素敵でした。

そして、舞台がまた素敵でしたね。舞台開始時には、役者さん達が横に並び、拍子と共に全てのガウンが取り除かれました。流れる様な動きの背景は素晴
らしく、幕間が1つしかない3時間を超える大作を、わくわくしながら観ました。

ロンドンで、日本語の舞台を大勢の観客と一緒に観るのは、格別です。これまで幾つか観ましたが、ここ数年分のみです。沢山見逃してしまい、とても残念に思います。夫も毎回楽しんでいるので、なるべく逃さない様にしたいです。

帰り道、ロビーに出た所で、夫がテレビ朝日からインタビューを受けました。どこかで放映されたかしら?




***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2012-06-05 08:04 | ロンドンでの日々