ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ロンドンでのクリスマスが終わったら

こーんなターキーを焼いた後、
f0096017_1227540.jpg
6名のお客さんを送り出したら、お掃除にお洗濯。
f0096017_12273824.jpg
何度洗濯機を回した事か。

今日は義母の誕生日だったので、オックスフォードシャーへ日帰りディナー。
往復5時間以上の旅はちょっと長かったです042.gif

そしてそして。

日本へGO060.gif

今回は、日本で旅行もする事にしているので、準備も色々。
楽しみ053.gif

もどってきたら、日も少し長くなっているでしょうし、それも楽しみ〜060.gif







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-30 12:41 | ロンドンでの日々

ここはどこでしょう?

さあて。
ここはどこでしょう?
f0096017_2041630.jpg

f0096017_2042238.jpg

f0096017_20425643.jpg

f0096017_20435518.jpg
ちゃんと鯉もいます。
ロンドンのHolland Parkにある、京都ガーデンです。
冬には木に藁をかぶせるのですね。
懐かしくなりました。

近くには孔雀もいます。
羽を開いてくれました!
クリスマススペシャルでしょうか。
f0096017_20501322.jpg
日陰なのが残念。
f0096017_20532021.jpg
裏側。
f0096017_20541610.jpg
こっちは日向ですが、色が残念023.gif

孔雀が羽ばたいて木の上にあがるのも観察出来てラッキー。
ルーマニアのブラウンベア、ウガンダでのサファリにマウンテンゴリラトレッキングと続き、
ロンドンでの孔雀のショー。
今年は動物の当たり年だった様です041.gif







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-28 21:47 | ロンドンでの日々

ラストミニッツのロンドンクリスマス

今日はクリスマスイブ。
日本ではもう25日、ツリーを片付ける日ですねw

イギリスでは、イブはイブ(前夜、前日)として扱い、25日が本番となります。
国によって、24日を本番として祝ったり、それぞれですが。

国際結婚家庭、それぞれのクリスマスの祝い方がありますが。
我が家はいつも家族(義父母、義姉+子供達、私達の7名)で一緒に祝うクリスマスです。

聞いてみると、家庭やそれぞれの状況に応じ、自分達の家族だけで祝う場合も。
イギリスのクリスマス行事は、一昔前の日本のお正月とかなり似ていて、
皆が帰省して実家で数日間過ごします。
こちらに住んで最初の頃は、年を越さない年越しな雰囲気で、とても不思議でした006.gif

とりあえず、夫の家族の場合は、何となく持ち回り制でクリスマス時期を過ごします。
今までは基本義親の家で行う事が多く、
時々義姉の所と我が家でカバーする事が多かったのですが、
義親も年を取って来たので、最近は義姉と私達の番が回ってきたかと043.gif

そして今年は、この18年の間で4回目の我が家でのクリスマス〜。
おおお。
その前にウガンダへ行っていたし、その後は1週間何だか忙しかったし、と、
あまり準備が出来ていませんでしたと言い訳037.gif

まずはツリーを飾って、
f0096017_8413389.jpg
最後にラストミニッツw

23日は家族恒例の観劇へ。
今回はマザーグースがテーマのパントマイム。
場所がハックニーだったからか、地域感もあって面白かったです。
f0096017_8464839.jpg

24日の今日は、義母が飲茶に連れて行ってくれる予定でしたが、
食事スケジュールが進んでいなかった為私はキャンセル039.gif
ごめんちゃい。
その代わり、晩ご飯を作っていました。

晩ご飯は、本当は7名の予定でしたが、急遽8名に増え。
でも大丈夫!
ご飯は沢山♪
スターター、プラスメインに、スコットランドから来た、とてもスモーキーなスモークサーモン、
f0096017_853081.jpg
ロケット&クレソン、パルメザンサラダ、ちらし寿司〜w
f0096017_8543423.jpg

我ながら美味しく出来ました060.gif
完売だったのが嬉しい限り。

そしてデザートw
朝作ったブランデースナップ&クリーム。
f0096017_8592172.jpg
これまた大好評!!
クリームとともに頂きます。

そしてチーズだったのですが、さすがにそこまでの胃袋は持ち合わせていない模様037.gif
たどり着けたのはほんの一握りw

料理人冥利に尽きます053.gif







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-25 09:06 | ロンドンでの日々

ハイドパークを歩いてみたら

天気も良かったので、先日ハイドパークを歩きました。
f0096017_2062232.jpg
天気が良いはずの11時過ぎなのにこの太陽w

ハイドパークコーナーに差しかかろうとすると、衛兵隊が〜。
f0096017_730840.jpg
iPhoneのズームはいまいちでしたね。
まあしょうがない。
f0096017_7322854.jpg
f0096017_7324955.jpg
f0096017_7352335.jpg
練習していた模様です。
ロンドンでは、思いがけず面白いものを見るチャンスが多くて、カメラ持参が必須です041.gif







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-25 07:38 | ロンドンでの日々

ロンドンに戻ってみたら

旅行を終えてロンドンに戻ってみたら。
冬が待ってました050.gif

ヒースローから帰る電車の中から見た光景は、凍る線路に凍る地面007.gif
f0096017_5375166.jpg
見上げた空もこんな感じ。
朝や夕方ではありません。
お昼です。

夏のウガンダから冬のロンドンへ突入。
急に寒さがきたので風邪をひきそうになりましたが、こらえました。
まだマラリアピルも飲み続けています。
ウガンダを出てから4週間飲み続けなくてはいけません。

f0096017_5444379.jpg
夫が日本食が恋しいでしょうと、連れて行ってくれました。
おでんやばってらが美味しかったです060.gif

f0096017_5463547.jpg
今年も来ました、もみの木ちゃん。
旅行に行っていたし、年末年始は里帰りなので、いつもより少し小さめのツリー。
枝ぶりが立派なので、良い感じ。
また、新鮮だから香り高い053.gif

ウガンダに行く前は日の短さにやられ、戻ってからは、日の短さの上に寒さにやられました。
午前中晴れたとしても、午後にはぼんやり。
2時過ぎると、夜に向かう感じがあって、それ以降は絶対に明るくなりません。

とりあえず毎日用事があるから持ちこたえているのかしら。
この時期はいつまでたっても慣れないわー!047.gif







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-16 06:02 | ロンドンでの日々

ウガンダ旅行記ー食べたもの

旅行記最後は食事でしょうか?

しかし、現地ご飯はほとんど頂かず029.gif
実際あまり美味しいものではない模様(笑)
宿からすぐそばのイタリアンで数回食べました。
アルデンテだったのがびっくり。

定番ものは普通に美味しく、あまりチャレンジしない方が無難です。
1度食べたビーフは固くて食べるのが大変でした。
ウガンダでは、ポークと白身魚のティラピア(テラピア)美味しい様ですね。

他にもインド料理もいけるそうです。
外国人には、イタリアンかインディアンが定番らしき。
どこの国もあまり変わらないって事かしら。

食べた中で1番現地っぽいご飯は、マウンテンゴリラトレッキングに行く途中寄った
レストランのビュッフェかも。
f0096017_21373168.jpg

f0096017_21391281.jpg
あまり現地色ありませんが、葉でくるんで調理したスイートポテトやピラフが美味しかったです。

他に、
f0096017_21413327.jpg
宿で食べた小さいバナナ、美味しかったな〜♪
普通に頂くバナナは甘いだけな感じですが、これは芯が少しシャープで、それがコクを作ってました。

f0096017_310695.jpg
これも現地食と言えばそうかも。
ポテトをメインに野菜と一緒に炒め合わせた感じ。
ポテトがねっとりと美味しかったです060.gif

現地の人はとにかくバナナを沢山食べる様ですね。
大きな房で買い、他にも皮を剥いて長いまま鉄板で焼いたバナナが売られていたり。
トレッキングの時のドライバーも、大きな房のバナナを買った上で、焼きバナナも買ってました。
そう言えば、焼きトウモロコシや、ケバブの様なものを焼いて、売る人も道にいたりして、
ちょっと食べてみたい気にもなりましたが、あたるとやっかいなので、止めておきました。

後はビールを飲みました。
うっかりすると常温のビールが出てくるので要注意w
イギリスビールならともかく、常温のラガーはいけません。

最後にメキシカンを食べてみたり。

とにかく量が多いので、いつも半分くらい残してました。

軟水の国だった様で、シャンプー等泡立ちがとても良かったです。







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-15 08:13 | 旅行

ウガンダ旅行記ー人・ストリート

なぜか沢山あるガソリンスタンド。
大手チェーンからローカルなものまで、空港から宿へ向かう間にも目立ちました。

日本の中古車が大活躍中です。
同じ右ハンドルなので、そのまま使えるから便利なのでしょうね。
その代わりかなり古いのも大切に使うので、首都圏は空気が悪かったです。

畳屋さん、クリーニング屋さんの車も見つけました。
ロゴそのまま。
f0096017_1815596.jpg

f0096017_18161373.jpg

f0096017_1816354.jpg

f0096017_18165560.jpg

f0096017_18171122.jpg
タクシーに使った車のサイドボードには、日本のメンテナンスノートまでそのまま。
親近感を覚えます。

庶民は歩きます。
f0096017_1823489.jpg

f0096017_18263544.jpg
職場へ行ったり、買い物をしたり。
川で水を汲み、家へ運ぶのは子供達の役目。
小さい子も黄色いポリバケツを持って歩いてます。

日曜日は、教会に行ったりするので、皆おしゃれしてました。
また、洗車の日らしく、数名が集ってしてました。
多分、一緒にやった方が、洗剤やその他節約出来るのでしょうね。

洗濯は外で手作業。
f0096017_18322413.jpg

f0096017_18333330.jpg
塀でも何でも使って干します。

床もあまり絞らない大きい布で、膝を曲げずに体を折り曲げて拭きます。
腰が痛くなりそう。

綺麗好きな様で、道端にあまりゴミが落ちてませんでした。

地方は、何もない道が続いてお店が軒を連ね、また何もない道が続く、そんな感じでした。
f0096017_18593149.jpg

f0096017_1903532.jpg

f0096017_1905280.jpg

f0096017_191847.jpg

緑豊かな国です。
バナナもコーンもなっていたし、紅茶の栽培も盛ん。

道でこんなのも発見。
f0096017_1957486.jpg
水を汲みに行くのも大変だから雨水を溜めているのかと思いきや、
grasshopper(バッタ,イナゴ,キリギリス等)を集めているのだとかw
羽を取り、調理して食べるのだそう。
おお。

<続く>







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-12 20:05 | 旅行

ウガンダ旅行記ーその他動物、1部グロいかもw

ウガンダでのマウンテンゴリラトレッキングの翌日は、筋肉痛の極地でした。
特に下半身。
12時間かけて首都のカンパラ近くの宿に戻るだけ、車中にいるだけの日だったのが幸いでしたが、
車の乗り降りが大変したよ。

さてさて。
虫編w

1番は、マウンテンゴリラトレッキングの際のハエでしたが037.gif

次はこれ。
f0096017_1615681.jpg
家に戻って調べたら、これかもしれません。
アフリカオオヤスデちゃん
大きくて長くてびっくり。
15〜16センチくらいはあったかも。

他に毛虫っぽいのは、
f0096017_1650109.jpg

f0096017_16505897.jpg

羽のあるもの。
f0096017_16363012.jpg

f0096017_16364674.jpg

f0096017_16412166.jpg

f0096017_1710278.jpg

f0096017_16395659.jpg

f0096017_16423388.jpg
カラフルな蝶達。
写真では少しわかりにくいですが、オレンジと黒のコンビの蝶は、胴体が羽の付け根より上にありました。
最初死にかけていて、裏返っているのかと思いましたが、そうではない様です。
f0096017_17231027.jpg
蟻塚。
大きいのから小さいのまで。

他にも足が細長く、華奢で踊っている様に動くクモを見ました。
最初は蚊かと思ったほど。
残念ながら、写真は撮れず。


鳥編。
f0096017_176989.jpg

f0096017_1781281.jpg

f0096017_1762475.jpg
上2つは、宿のバルコニーから何度も眺めました。
f0096017_17141142.jpg

f0096017_17144222.jpg

f0096017_1715735.jpg
木からぶら下がっているのは、鳥の巣です。

<続く>







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-12 17:32 | 旅行

ウガンダ旅行記ー動物編2ーマウンテンゴリラ

ウガンダのブウィンディ国立公園でマウンテンゴリラに会ってきました。
検索をかけると、生存するマウンテンゴリラは数百頭の様ですね。
貴重なゴリラちゃん。

朝、ロッジから車で集合場所へ移動。
小屋でマウンテンゴリラのビデオを見てから、説明を受けました。
人間のDNAとかなり近いため、健康でない人は山に入れないそうです。
人が咳をしたら、ゴリラにも風邪がうつる可能性が高いのだとか。
もちろん山で人間は排泄をしてもいけません。
動物達にとって、テリトリーを侵された心境になるのでしょう。

Rain Forest、熱帯雨林!
言葉でしか聞いた事がない場所に私達はいました041.gif
f0096017_2152682.jpg

f0096017_216516.jpg

ニュージーランドの南半島で1度経験した事があります。
美しい緑と美しい苔達。
ラッキーにも良いお天気で、キラキラする世界を堪能しました。

あの時は春に相当し、涼しかったのですが、
今回は赤道に近い辺りなのでもっと暑く、ジャングルチックw
雨期でもあり、道は濡れて滑りやすく、ひやひや。
宿が必要な様にとステッキを貸してくれました。
最初邪魔だと思ったのに、随分助けられました。

今回の参加者は、7名。
トレッキングツアーは、3組のマウンテンゴリラグループを1つづつ追う仕組みになっており、
それぞれ最高8名まで。
1つのグループに入れられるのかと思いきや、1名、2名、4名に分かれました。
私達だけのプライベートパーティに参加です060.gif

途中までは、前後にライフルを持った人(警察?)が付き、ツアーリーダー、私達の5名で移動。
途中で先行組の3名に会いました。
この3名が先に出てゴリラの場所を確認していてくれたのです。
すごいシステム。

それでもゴリラ達は常に移動するので、絶対に会える保証はありません。
数%の確率で会えない人も出るとか。
トレッキング代が半額返金されるそうですが、そのがっかり度は計り知れません。

このマウンテンゴリラトレッキング代は一人600ドル、もちろん宿や車代は別です。
バカ高く感じていたけれど、私達二人だけの為に、これだけの人達が関わっているのです。
プラス、数少ないゴリラを守る為に必要なお金なのでしょうね。

先行の3名に会ってからは、大きなナタで道を切り開く人、ツアーリーダー、
私達二人、レンジャー志望の女性の5名で移動する事に。
リュックやステッキは預けて身軽になって出発。
私のは軽いナップサックなので大丈夫。

そして道なき道を進む事に。
ランボーやアーノルドシュワルツェネッガーの映画の世界です。
f0096017_2185476.jpg
必死で歩かないといけないので途中の写真は撮れませんでしたが、この中をグングン歩きます。
道はありません。
蔓の上に足をかけてもそれが必ずしも支えてくれるとは限らないし。
どこに足を置いて良いかわからない時が沢山ありました。
思案してると後ろからレンジャー志望の子が私のお尻を持ち上げてくれたりするので、
あまり躊躇も出来ず042.gif
時には一人が腕を引き上げてくれ、後ろからお尻を上げてくれたりも012.gif

いくら道を切り開く人がいるとは言っても、切るだけで道を作ってくれる訳ではないし、
トゲのある枝も沢山あって、服にひっかかるだけでなく、脛や手、顔を容赦なく襲います。
痛かったー!
普通の山登りの方が苦しいだけで済むから楽チンだと思うくらい過酷でした。

レンジャー達は皆長靴姿。
長靴なら脛を覆えられますよね。
でもそんな事は知らなかったし、グリップもなくて滑りそう。
途中軍手があれば良かったなーなどと思ってました。

虫の量も半端ではなくて047.gif
すごかったです。
f0096017_22273082.jpg

f0096017_22291599.jpg
ブンブン飛び交う上に葉や地面にびっちりと。ひぇぇ。
レンジャー達に虫除けクリームを分けてもらって助かりました。

そんな思いをして会えたのがゴリラちゃん053.gif
f0096017_2124549.jpg
ボスです。
大人の雄はシルバーバックが背中に出来るのだとか。

他にも、
f0096017_21264453.jpg
目に障害のあるメス
f0096017_21275937.jpg
親子
f0096017_21291579.jpg

f0096017_2130563.jpg

動画も撮ってみました。
http://youtu.be/qstn9czk7Zk

ゴリラはとにかく食べ続けてました。
沢山沢山食べて、おならして、糞もして037.gif

ゴリラへの接触時間は1時間限定の模様。
そして過酷な帰り道へ突入。

帰り道は何度もすってんころりん。
背中のナップサックの上に着地し続けたのでお尻は痛くなかったものの、
気づけばこれが被害に・・・。
f0096017_228692.jpg
私の電子辞書ちゃん。
高かったのに、画面が割れて使えなくなりました。

ツアーリーダーによれば、今回のゴリラ遭遇は普通で、良い時は数頭を一度に見れたり、
木や枝等遮るものがなくてオープンに見れたりするそうですが、私達は大満足。

手にも脛にも無数の引っ搔き傷。
翌日の筋肉痛と言ったら。
とげも刺さったまま帰国しましたが、とても楽しいゴリラ体験でした060.gif060.gif060.gif


<続く>







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





060.gif060.gif
[PR]
by artlondon | 2014-12-11 22:17 | 旅行

ウガンダ旅行記ー動物編1ークィーンエリザベス国立公園

太陽を求めてボーッとしに行ったウガンダですが、もう1つの目的は動物です。
特にマウンテンゴリラちゃん。
夫がAfrican Pearl Safarisのツアーを選びました。
2泊3日でのマウンテンゴリラ探しの旅です。

1日目は、首都カンパラからブウィンディ国立公園まで車で12時間。
お尻が痛くなる長旅でした。
赤道を渡り、北半球から南半球へ024.gif
f0096017_0101623.jpg
もちろん、コリオリの力も確認しました(笑)
北と南、赤道直下では水の流れが違うという実験です。
マジックかどうかはよくわかりませんが、面白かったので良しとしておきます。
f0096017_0185074.jpg

ブウィンディ国立公園の近づくと、クイーンエリザベス国立公園があります。
動物を観察出来るので、サファリツアーが盛んです。
私達の目的はサファリではないのでただ通過しただけですが、
それでも様々な動物を間近に確認出来ました。
f0096017_0271993.jpg

f0096017_029583.jpg

f0096017_0305825.jpg

f0096017_0322814.jpg
ポーズまで取ってくれます。なんてw
道で堂々と交○するヒヒまで。
TVのドキュメンタリー番組の世界ではないですか。
ラッキーな事に、ライオンまで見れました。
f0096017_0372100.jpg

f0096017_037356.jpg
3匹が同じ木に上ってます。
珍しい物を見れました。
ドライバー君お手柄です!

夜の7時過ぎに宿に着いたら、良い感じで夜になってました。
月の出まで見ちゃいましたよ。
f0096017_0415716.jpg

f0096017_0424223.jpg

f0096017_043128.jpg

翌日の朝焼けもきれいだったなー!
f0096017_0444087.jpg


<続く>







***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com



海外生活

     

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by artlondon | 2014-12-11 00:46 | 旅行