ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

私のアート遍歴〜その1

先日は漫画遍歴を載せたので、今日はアート遍歴に挑戦してみたいと思います。

エキサイトブログではブログ主に検索ワードランキングを知らせてくれます。このブログのワードランキング1位は「ロンドン/アート」です。

「ロンドン/アート」をgoogleすると、最初のページにこのブログがある事に最近気づきました。その事実に驚くと共に、ブログの題名の割にアート記事が少ないのにも気づきました。ロンドンのアートシーンを期待していらした方にお詫びがてらアート関連記事を載せたいと思います。

まずは私のアート遍歴から。

小中高を通して美術の授業があったのは中学の時まででした。得意科目とまでは思わなかったけれど、写生をしたりするのは割と好きでした。

社会人になってから、友達に、会社で教わる生け花教室に誘われました。草月流生け花の自由な感じが好きで、ロンドンでも教室に通い続けています。二級師範参与を頂きました。

新婚の頃過ごしたNYでも、ロンドンに移ってからも、最初は英語学校に通っていたのですが、段々飽きてきて、何か違う事をしようと思い、興味のあったアートのクラスを手当り次第に取りました。

ドローイングから始めて、ペインティング、プリントメイキング(版画)、ポッタリー(陶芸)等いろいろやってみました。

ロンドンには、日本のカルチャースクールの様な、地域の成人学級(アダルトエデュケーションスクール)が身近にあり、地方政府から補助金が出て、それ程高くない授業料ででいろんなコースを受けられる制度があります。カルチャースクールと違う点は、資格を取れるコースも多々ある事です。

但し、在英年数が3年未満の方の授業料はとても高くつきます。詳しくはお近くのアダルトスクールでお確かめ下さい。

いくつかのコースを取っている内に欲が出、もう少し上のクラス、大学進学準備コース(ファンデーションコース)を選択する事にしました。今までやってきた事を踏まえた上でのコースなので、それまでに作成した作品を持って行く面接試験がありました。

2つの学校を受けたのですが、1つの学校では、3D(彫刻、スカルプチャー)経験がない事を理由に落とされてしまい、私はCity litのファンデーションコースに入学しました。パートタイム2年制のコースです。

ー続くー



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-03-03 05:54 | ロンドン美大時代