ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

バンクホリデーウィークエンドの過ごし方〜2

バンクホリデーウィークエンド、3日目の今日は、ロンドンでアート三昧の時間を過ごしました。

まずは、Tate Britain。歩くアーティスト Richard Long展 です。

もうそれ程若くないのに、今でも沢山歩いている様で、それだけでもすごいです。彼、日本も歩いていますよね。

入口の長いコリドールにある、Eva Rothschild展も良い感じ〜。このカクカクとした線、好きです。

次に向かったのが、Royal Academy of Arts

このエキシビションなのですが・・・。期待していた通り・・・。次のAnish Kapoor展が楽しみです。

それから、National Galleryへ。「コローからモネへ」と言うエキシビションを観に行きました。

ちょっと期待はずれでした。何かが足りない感じ。

以前こちらでも紹介した、"One & Other"も横目で観ましたが、今回は台に腰掛けてだらんとしている女の子でした。やっぱりいまいちです。

ナショナルギャラリー前のトラファフガースクウェアでは、ベリーダンスのショーもやっていて、ロンドンだなーと思えるシーンでした。
f0096017_5415268.jpg


最後に行ったのが、Hayward Galleryです。草間彌生さんの部屋が際立ってました。最後のPipilotti Ristのインスタレーションビデオワークも不思議で面白いです。塩田千春さんと言うアーティストも今回始めて知ったのですが、これも大胆なワークでした。

このヘイワードのエキシビションは、ヴェニスビエンナーレの小型版の様な感じで、いろんなワークが詰まっています。体験型のエキシビションだし、楽しめます。9ポンドと高いですが、お勧めです。


***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-09-01 06:02 | アート