ロンドン・アート・いろんな話

artlondon.exblog.jp
ブログトップ

イギリス料理教室

お友達3人と一緒にイギリス料理を作りました。みんなでワイワイ、何かを作るのって楽しいですよね。

昨日は、僭越ながら私が先生。メニューの組み立て、レシピの用意、お買い物を引き受けました。3コースランチなので、軽めのメニューを選びました。

作った物は、

スターター:Hot Smoked Trout and Chive Tartlets
f0096017_1810180.jpg

上の画像とレシピはウェイトローズより頂きました。
http://www.waitrose.com/recipe/Hot-Smoked_Trout_and_Chive_Tartlets.aspx

メイン:ケジャリ(魚のピラフ)。様々なレシピがありますが、今回はオーソドックスにスモークハドックを使いました。

ケジャリはインドからやってきたイギリスのお米料理。典型的な朝食の1つですが、最近では、ブランチやランチ、晩ご飯に食べる方が多い様です。

デザート:Autumn Almond Crumble
f0096017_18112643.jpg

昨日は写真を撮り忘れてしまったので、上の画像は以前クランブルを作った時のものです。
http://www.waitrose.com/recipe/Autumn_almond_crumble.aspx

クランブルは、ベリー系のフルーツをベースに、フラワー、バター、砂糖を混ぜたトッピングの焼き菓子です。フルーツは、ベリー系のもの、リンゴ等が合うと思います。お好みのフルーツをお使い下さい。

結婚するまでの会社員時代に寮生活を送っていた為、6年間料理をする機会はあまりありませんでした。結婚後料理に困り、海外生活2年目に入って英語が少し話せる様になってきた頃、現地の週1料理教室に1年間通いました。あれは今でも貴重な財産だと思っています。豪華なものは作りませんが、美味しくて自分でも気軽に作れるレシピを幾つも持っています。

昨日集まったのは皆、国際結婚組でしたが、ご主人の出身国が違うと、料理も調味料も違いますね。 瓶詰めの「ホースラディッシュ」も、アメリカ人、イタリア人のご主人のいる方達には初体験だった様。ホースラディッシュは、クリーミーな西洋わさびで、ローストビーフやサーモンの付け合わせに使います。

一般的にはあまり評判の良くないイギリス料理も、ちゃんと作れば美味しいんだよーと、イギリス料理の広報をした1日でした。



***こんなアートを作っています。***
http://hiromiowen.com
[PR]
by artlondon | 2009-11-24 19:16 |